貴金属の買取詐欺に要注意です

業者との間でトラブルが起きたら188へ電話を

着物の買取りをお願いした際に、買取業者とトラブルになった場合どうするか?
日本には商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問い合わせなどの相談を専門の相談員が電話で受付けている、消費生活センターや消費生活相談室などの名称をもつ窓口が全国に存在します。

この窓口では、
・「着物を買い取る」との勧誘電話がかかってきて、買取業者に自宅へ来てもらう約束をした。
 しかし、断りたいと気持ちが変わり業者へ電話をかけたが繋がらない。
・着物の買取りをしに業者が自宅に来たが、貴金属を買い取られた。
 業者が帰った直後、買取価格が非常に安いことに気づき返してもらいたいがどうすればよいか?
・昨日、業者が来て買取をお願いした着物を返してもらいたいが、どうすればよいのか?
・買取にクーリング・オフが適用されるのかどうか知りたい。


などといった相談に乗ってくれます。

お近くの消費生活センター、消費生活相談窓口等を知りたい場合は、消費者ホットラインに電話すると案内してくれます。

電話番号は、局番なしの188  (※『いやや!』で覚えましょう)

ですので、覚えておきましょう。

こちらのページでも確認できます

お近くの消費生活センターや消費生活相談窓口等を知りたい場合、下記のページでも調べることができます。

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

国民生活センターのロゴ

PAGE TOP