宅配買取か訪問買取か?

メリットとデメリットを理解して買取方法の選択を

全国から着物の買取ができる理由として、宅配買取を採用する企業の存在が挙げられます。
おかげで、地方に住んでいても無料の梱包キットを申込めば、届いた段ボールに売りたい着物を詰め込んで、買取業者へ送るだけで査定してもらえます。

あとは、査定金額に満足すれば即入金。

しかし、この宅配買取のデメリットは、査定金額に満足できなかった場合に生じます。
「期待してはいなかったけど、その査定金額ってあまりにも安すぎません?」となると、キャンセルという流れに。

返却時の送料はお客様負担

このとき、送った着物を返却する際の送料は“お客様持ち”なんです。
複数の着物を査定してもらったら、送料もそれなりの金額に・・・。

また、宅配買取では「この着物とこの着物だけ売りたい!」という要望を受け入れてもらえないのが通常で、一括買取か一括返却かの二者択一。

ですから、多くの方は査定金額に納得し、そのまま買取を依頼します。

訪問買取を選択するメリット

これに対し、当サイトで紹介している業者への訪問買取では、自宅までの出張費用・査定料・キャンセル料は一切かからないメリットがあります。
訪問ですから、査定金額に満足しないならその場で査定員にお引き取り願えます。
お客様の負担は一切発生せず。

査定員とあまり顔を合わせずに着物を処分したいという方は宅配買取が向いているのでしょうが、訪問買取は訪問買取のメリットがあるんですね。

買取業者の選択肢が狭まりますが、この方がいいと感じた方は訪問買取でお願いしてはいかがでしょうか?

全国対応の買取業者

PAGE TOP