着物を汚してしまったらどうする?

応急処置をしても早急にクリーニング店へ

着物を汚してしまったらどうするか?

下手に触らないで、まずは着物専門のクリーニング店や、着物も取り扱っているシミ抜き専門店に出すことです。

どうしても汚したその場で応急処置が必要な場合、
液体が染み込まずに着物の上を転がっているようであれば、すぐに弾き飛ばします。

着物に染み込んでしまった場合、水性の液体であればまずガーゼや乾いたティッシュでやさしく吸い取ること。
そして、タオルがあるならシミのついた部分の裏に乾いたタオルを敷き、上から濡れたタオルで軽く押さえてください。着物のシミ部分にタオルの水が移り、下の乾いたタオルにこぼした液体を吸い込まれます。
最後はシミ部分の裏と表を乾いたタオルで挟み、液体を吸い取ります。
絶対に汚れた箇所をこすったりすることは避けてください。

なお、上記の応急処置では殆どの場合、完全にきれいにすることはできません。早めにクリーニング店へ持っていき、何をこぼしたかを伝えてください。

また、肉汁や魚の汁、牛乳、血液などのタンパク質系のシミは、時間が経つごとに取れにくくなる特徴を持っています。
早めにクリーニング店にお持ちすることをおすすめします。

着物を汚した時に絶対にやってはいけないこと!

着物を汚したら絶対にやってはいけないことがあります。
それは、シミを落とすために擦ることです。
さらに、レストラン等でもらうおしぼりには薬品を含んでいる場合があり、着物が変色する原因となりますので、これも避けなければいけません。

白いガーゼのハンカチを持参

ガーゼのハンカチの写真

着物を着て外出する際には、万一の汚した場合に備えて白いガーゼのハンカチをお持ちすることをおすすめします。
ハンカチなら鞄に入れてもかさばらないですし、何かこぼしてしまったときには、完全に落とすことは期待できませんが大変重宝します。

PAGE TOP