着物の収納(保存)は桐のタンス・衣装箱が大原則

着物を長く愛用するために

着物はとてもデリケートなものです。
着物を長く愛用するため、保存上大切なことは防湿と防虫。
着物はカビが発生しやすい衣類ですし、虫の被害にも遭いやすいもの。湿気や虫は大敵です。
このため、着物の収納には通気性がよく防湿効果に優れ、虫を寄せにくい成分を含んでいるといわれる“桐”のタンスが最適です。(桐の衣装箱もOK!)
桐タンスに数段の引き出しがある場合は、より湿気が貯まりにくい上段の引き出しに高価な着物を入れると良いでしょう。
間違ってもプラスチック製の衣装ケースに着物を収納することだけは避けてください。

桐の防湿性について

桐の箪笥

桐のタンスは、湿気を大敵とする着物にとって防カビ効果を期待できます。
桐は気泡を多く含む特性を持ち、湿度が高くなると気泡の中に水分を含んで桐材が膨張して気密性が高まり、タンスの中に湿気が入り込むのを防いでくれます。
桐のタンスは梅雨の時に引き出しが堅くなることがあるのは、この特性が影響しているんです。
反対に乾燥すると桐材が収縮して通気性をよくするのです。
この特性により桐タンスの中は常に湿度が一定に保たれ、着物をはじめ大切なものを保存する用途に利用されているのです。

また、着物が複数あって、タンスの引き出しが複数あるなら、より湿気が貯まりにくい上段の引き出しに高価な着物を入れることをおすすめします。

桐の防虫性について

桐の花

桐のタンスを販売している家具店では、桐の防虫効果にうたっているお店が多くあります。
桐には虫が嫌う成分である「パウロニン」や「セサミン」が含まれ、これが防虫効果として機能しているようです。そういえば米びつにも桐が使われたりしますよね。

しかしながら、おばあちゃんや母親の桐タンスには、いつも防虫剤や防虫シートが入っていたことを思い出す方もいるのではないでしょうか?
大切な着物を保存するのですから、念のために防虫剤を入れるのは問題ないと思います。
桐タンスを販売しているある家具屋さんも『基本的に不要ですが、お客様の判断にお任せしております。』と言っていました。

着物の防虫剤について

防火性にも優れる!?

桐のタンスは防火性にも優れ、古くなるほど耐火性が上がるようです。
火事になっても桐のタンスや箱だけは中身が無事だったという話は昔からあります。
ただし、いつまでも大丈夫というワケではなく、近年行われた実験結果から『一定時間内であれば中のものは守られる』と考えた方がよさそうです。

PAGE TOP