日焼けした着物はもとに修復できない

保管方法には十分ご注意を

着物が日焼けしてしまうことは通常なかなかありません。
もし、日焼けしたとしたら保管状態に大きな問題があったといえます。

これからも着たい着物ならリフォームを

高価なものですし、普通はタンスや衣装箱に保管するのが“当たり前”ですが、日焼けしたとしたら日の当たる場所に長期間保管しておいたと思われます。
日焼けした着物はもとに修復できません。

もし着物が日焼けしてしまい、これからも着たいのであれば着物専門のリフォーム屋さんにご相談することをおすすめします。
日焼けした箇所が小さいなら部分的な補修で済みますが、ひどいようなら染め直しとなります。
しかし、染め直しは正絹地の着物で生地が極端に弱っていないことが前提とされます。

なお、お店にもよりますが費用は数万円かかりますので、余計な出費を避けるためにも日頃から保管方法には十分気を付けたいものです。

PAGE TOP